…というわけで(何だ?

 Twitterから来られた方も、「新・一心精進」から来られた方もようこそおいでくださいました。

 2018年春に行われるクイズ大会「第2回 昼下がりのクイズ研究所発表会」主宰のHILLZこと蛭田一樹と申します。

 2016年夏にそれまでTVゲームやゲーセンでしかやったことのなかったクイズの世界に本格的に足を踏み入れてもう1年が過ぎました。そして2017年5月、当研究会主催による第1回のクイズ大会「第1回 昼下がりのクイズ研究所発表会in浦和」はおかげさまで56名の参加者が集まり、素人同然のたどたどしい主宰の進行と大小様々なトラブルに少人数のスタッフがあたふたして、それを参加者の皆さんがいろいろな形でフォローしていただきながら、なんとか無事に終わらせることができました。

 「1回やったんだから、当然2回目もやる!」
 第1回のエンディングでも「次はもうちょっと広い会場でやってみようかなあ…と思ってます」と言ってはみたものの、実はこの4か月、心中では非常に悩んでいました。

 「前回大会、本当にやりたかったことはできたのか?
 現実という壁に押しつぶされてしまったのではないか?
 自分のわがままでスタッフにまた無理強いをするのか?
 同じ轍を繰り返すのか?
 だったらやる意味があるのか?」

 これらのネガティブな感情を吹っ切ったのはつい最近のことです。

 …しかし、ただ同じ形式で2回目をやっても面白くない。
 なんといってもこの大会は「クイズの研究所」ですから。
 主宰のやりたいことを「実験」してスタッフや参加者の皆さんにはそれに「付き合ってもらう」。
 おそらく前回大会とは大きく中身が変わると思いますが、このスタンスはぶれずにやっていこうと思います。

 今はまだ、大会の正式な日時や場所、僕以外のスタッフさえ1人も決まってません。
 ただ、どんなクイズをやるか、そのプログラムははっきりと自分の頭のなかでできています。
 この頭の中のイメージをこのクイズ大会で実現させるべく、これから全力を尽くす所存です。
 皆さんにはまたいろいろな所でご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうか大会終了まで、この未熟な主宰に”ふたたび”付き合っていただければ幸いです。

 Let's PLAY AGAIN!!

 2017年9月9日 昼下がりのクイズ研究所主宰 Mr.Hill'z