ご無沙汰しております。
 しばらく更新していないので「企画倒れになったんでねえか?」と思われたかも知れませんが…やりますよ、大会!

 2018年シーズンも日本シリーズが終了して一段落しましたので、来年2月~3月開催に向け、本格的に作問作業をスタートしました。会場(横浜市内)の都合でまだ具体的な開催日時は告知できませんが、他の作業(ひるQ2問題集etc)と並行しつつ準備は順調に行っていますので、是非楽しみにお待ちいただければ幸いです。

 というわけで、今回の更新では、当日行う企画についてざっくりと説明します。
 あくまで「ざっくりと」なので、詳細は当日配布する企画書を御覧ください。

 今大会は全4試合制で行い、各試合ごとに獲得できる☆の数を競っていただきます。
 通常のクイズ大会のようにラウンドごとに人数を絞って…という形ではなく、全員最初から最後の試合まで参加できます。やったね!(得点は各自当日配布する「スコアシート」に記入してください)

 また今大会はまとまった休憩時間は取りません。試合と試合の間に集計や機材準備などで10~15分ほど休みを取りますが、外出して食事を取れるほどの時間は設けない予定ですので、各自企画中の空き時間・抜け番などを活用してください。

第1試合:4セット制早押しクイズ
 1人あたり最大4セット、合計100問挑戦できる早押しクイズです。
 2セット目までは全員参加できますので、最低40問は早押しクイズができます!
 各セットで規定の条件をクリアすれば☆を獲得し、次のセットに進めますが、クリアできない場合でも別の条件を満たせば次のセットに挑戦できるチャンスがあります。(詳しくは当日配布の企画書で!)

第2試合:球団別早押し&早立ちクイズ
 13球団(現存12+近鉄)を球団別に分け、それぞれに関する早押し&早立ちボードクイズを行います。
 この試合に限り、出題範囲はすべて「平成以降にその球団内で起きた出来事・人物など」をテーマにしています。
 各球団に関するクイズにおける早押し席の枠については事前のアンケートによる希望や挙手制を採用、それ以外の球団については早立ち形式での解答となります。
 各球団ごとの成績上位者は順位に応じて☆を獲得できます。

第3試合:視聴覚ローリングクイズ
 視覚(画像)と聴覚(音声)の2種類のクイズをローリングクイズ形式で行います。
 成績順に1列に並んでもらい、列の先頭にいる人が問題の種類を選択。出題したあと、司会者に耳打ちで解答してもらいます。
 各問題5人正解か5人連続不正解、もしくは列が1順するまでクイズは続行します。
 制限時間内の成績上位者は順位に応じて☆を獲得できます。

第4試合:順位別早押しクイズ
 第1~3試合までで獲得した☆の数に応じて組分けし、早押しクイズを行います。
 規定問題数終了後、最上位の1人だけが次のステップに進出、最終ステップで1位になった人が栄えある「第1回日本プロ野球マニア王」に決定します!

次回更新では問題の傾向、例題について掲載します。