昼下がりのクイズ研究所 公式ブログ

「昼下がりのクイズ研究所」が主催するクイズ大会の告知用ブログです。次回大会は2019年初旬に横浜市内で開催する「第1回日本プロ野球マニア王決定戦」となります。

 こんにちわ、ひるQ大会主催者のMr.Hill'zです。
 5/20に迫った大会の準備ですが、昨日大会をサポートしてくれるスタッフとの企画会議&研修(という名のミニクイズ大会)を行いまして、いよいよ本格的にイベントの輪郭が見えてきた気が…するのは僕だけでしょうかw?
 それはともかく、エントリーを前に本来であれば企画を発表したいところではありますが、先日更新したとおり若干開催概要が変更となった関係で、企画の見直し作業を進めているため、まだもう少し時間をいただく事になると思います。なんとか3月中には発表できればと思いますので、しばしお待ち下さい。

 とはいえ、更新が滞ってしまうと、大会は大丈夫なのか? と心配される方もひょっとしたらいらっしゃるかなあ…と思いますので、ここでは僭越ながら主催者であるMr.Hillzの自己紹介をさせていただきたいと思います。
 今大会はオープン大会とはいえ、個人杯という形をとっているので出題される問題もほぼ100%自作で、なおかつ自分のアイデンティティを全面に出す問題を用意したいと思っていますが、まだオフラインクイズに参加し企画するという経験も浅いので、一体こいつはどんな問題を出そうとしてるのか気になる方も多いと思います。
 なので、このエントリーを読んで、ある程度僕の出す問題の傾向を掴んでいただければ幸いです。

-------------------------------------
  改めて、僕のHNはMr.Hill'z(みすたー・ひるず)といいます。1985年1月18日生まれの32歳(今年誕生日の前日にクイズLIVEチャンネルで生配信された「でないクイズ」でクイズのネタにされましたw)、「僕」と言っているとおり、バリバリの男子です。

 ちょっとながくなりますがクイズ歴について…
 見るのは3歳とか4歳の頃から好きでした。一番最初に見てたクイズ番組は「クイズ100人に聞きました」で、これまでの中で最も好きなクイズ番組は「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」です。
 高校は諸事情あって1年で中退してるし、大学もクイズ研のない大学(國學院大學)に通っていたので、学生時代のクイズはテレビで見るか、QMAとかAn×Anでした。特にQMAは主に大学生の時(確か3~5ぐらいの頃)にBBH(ベースボールヒーローズ)と合わせてゲーセンで死ぬほどやってました。社会人になってからも続けてはいましたが、現住所(埼玉)に越してからは色んな事情があってほとんどやらなくなってました。

 そんな僕がオフラインクイズの世界になんで入ったか…という話なんですが、一言で言っちゃえば「関西に住んでる10年来の友人の影響」ということになりますかねぇ…。
 彼が去年の頭か一昨年の年末ぐらいからTwitterでクイズサークルに入ってクイズをやってるってことを つぶやくようになったことや、社会人になってからクイズをはじめたという方の体験談をとあるブログで読んだことで、これまでクイズサークルに入るためには「アタック25」とか、「高校生クイズ」とか「アメリカ横断ウルトラクイズ」を経験しないと門前払いされる世界なのかな…と思っていた(というより、そう思わされていた)自分の認識が間違ってたことに気づきました。
 また、僕も一人暮らしを始めてから波乱に満ちすぎていた生活もようやく安定してきたし、野球観戦以外の趣味ももっておきたかったので、31にしてかつて封印してたものを解放してみようと思い、この世界に飛び込んでみようと決意しました。それが去年(2016)の8月になります。

 なので、オフラインクイズ(要は早押し機を使ったクイズをやった)歴は2017年3月の時点で一応7ヶ月になるんですけど、今こんなことを言っても誰も信じてくれません(泣)。一応オフラインクイズをはじめてからの主な戦績(サークル例会除く、小規模オープン大会は含める)を軽く書いてみると…。
 2016年8月 朗読イントロ王決定戦2@ヒミツキチラボ 決勝進出(これが初のオフイベント参加)
       LOCK OUT #37出場 準決勝進出
       賢押杯出場 1R敗退
    10月 LOCK OUT #42出場 予選敗退
      11月 賢翠杯another出場 ファイナリスト
       第26回クイズフェスティバルin東大宮 ファイナリスト
       第8回なんたまオープン 予選敗退
    12月 QUIZ'ON SQUARE GARDEN 総合優勝
 2017年1月 G-1グランプリ 3R敗退(ペーパー14位)
         クイズプレイバック2016in東京 優勝
       あにわん!! ペーパー落ち(106位)

 こんな感じです。個人的にはG-1かあにわん!!のどっちかでもファイナリストになれてたら「俺は強いんだぞ!」ってえばれると思ってるんですけど、こういうところで勝ててないからまだグリーンボーイだと思ってクイズやってるんですけどね。それでも一心精進掲載大会であるところの「クイズプレイバック2016in東京」で勝たせてもらったのは僕の今のところでは最大の勲章だと思ってます。

 まだ所属のクイズサークルとしてエントリーフォームに書ける所はなくて「無所属」扱いなんですけど、主に「鯖押会」と「シンサクール蒲田」と「横浜クイズサークル」にはレギュラー参戦してるフリーのプロレスラーみたいな感じで来てます。あと、スカイプを使ったクイズもやってて、最近では「赤問(スポーツ問題)の集い」という小規模な大会をひっそりとやってます。
-------------------------------------------------
 得意/苦手なクイズジャンル

 たぶんこれを読んでる皆さんは「長々とした他人のクイズ歴」よりもこっちのほうが気になって仕方がないと思いますが…w。

 ・芸能(いわゆる「緑問」)
  基本的にはテレビっ子なので生まれる前の番組から最新のものまで幅広く見てます。
  音楽もそんな感じで…ただし2010年代以降の音楽はちょっと苦手(ボカロとか)
  あとは高校辞めてた時に伝統芸能にハマってたので落語家とか歌舞伎役者の名前とかはだいたい抑えてるけど、深い知識はあんまりないので結構ボロが出やすい(汗。

 ・スポーツ(いわゆる「赤問」)
 一番詳しいのは野球。プロだけじゃなくてアマも見てるし、海外の野球も大体は把握してます。
 あと相撲とプロレスは一時見てない頃もあったけどこの辺も得意といっていいかなあ…と。
  サッカーはJならある程度。海外サッカーは苦手。
 後のスポーツは有名な選手は知ってるけど、ルールとかはあんまり把握してなかったりします。
 競馬・競輪・競艇も同じく。

 ・アニメ系(いわゆる「青問」) 
 アニメならテレビと同じぐらい見てたので大体はOKなんだけど、ここ数年はアニメが毎クールいっぱいありすぎて追いかけきれないのと、僕の趣味に合わないアニメも少なくないのでむしろ不得意ジャンルだったりします。 
 ゲーム・ホビーはマリオとかドラクエとか桃鉄ぐらいかなあ…子供の頃はなかなかおもちゃとかゲームを買ってくれない家だったのでね…あ、あと2000年代中盤の美少女ゲームならwwww。
 漫画は2000年代前半ぐらいまでならよく読んでたんだけどなあ…最近はあんまり読んでないのでわかりません。
 特撮は今はむしろアニメよりも得意かもしれない(最近のも見てるという意味で)。
 声優はここ2~3年に出てきた新人以外ならなんとか。
 アニソンは見てたアニメはキャラソンレベルまで覚えてる…それぐらいですかね。

 ・社会系
 得意なのは日本史・政治系。子供の頃から日本史の得点だけは異常に良かったので。
 あとかつて勤務していたのが新聞社という関係上、時事にも強い(だから前述のプレイバックで優勝できたともいえますがw)。
 逆に苦手なのは世界のなんとか(地理とか遺跡とかもろもろ)。

  ・語学・文化系
 最近のクイズで一番勉強しなきゃなあ…と思ってるジャンル。
 まあ一言で言えば「興味はあるけど苦手」なレベルと思っていただければ。
 オフラインクイズをやる前までは ある程度自信はあったんだけど、鯖押のジャンルアタックや、シンサクールのフリバ・Stepsなどでいとも簡単にぶち砕かれました。

 ・理数系
 これは「興味はないし苦手」という最悪wなパターンのレベル。
 その中でもある程度得意というか、興味が少しでもあるなあ…と感じてるのは
 「動植物」「医学・薬品」「天文」ぐらい。
 「数学」「化学」「物理」に関しては 全くのちんぷんかんぷんなので、今大会でもほぼ出ないと思っていただいて結構です。理系に自信ありという方は上記の他ジャンルで強い所がなければ今大会は厳しいかもしれません。

 ・その他
 あとは趣味・雑学と言っていいと思いますが、その中でも得意といえるのが「交通」です。
 大学時代に鉄道で日本縦断した経験もありますし、 最近は航空・バスにも興味があるので、こっち関連の問題は多く出る可能性はあります。あと「家電」は好きなので、浅いレベルの知識ならだいじょうぶかなあ。
 あとは「料理」とかはあんまり興味はないかなあ…まあ自炊するにはするんですが。 

 こんにちわ、HILLZです。
  先日発表しました大会概要について、会場及び企画の都合で一部以下の通り変更となりました。
 なお、「一心精進」様で掲載している概要についても近日中に変更の申請を行います。
 企画の詳細についてはエントリー開始日までに一部発表させて頂く予定ですので、何卒よろしくお願いします。

 また、今回の変更に伴い、当日一部企画でサポートしていただくプレイングスタッフの募集(若干名)をエントリーと同時に行うことになりました。詳細はエントリー時に発表しますが、希望者多数の場合は抽選となりますので、合わせてご了承ください。

 会場:(旧)武蔵浦和コミュニティセンター 第1集会室(JR埼京線&武蔵野線 武蔵浦和駅徒歩1分 南区役所サウスピア8F)  →(新)武蔵浦和コミュニティセンター 第7集会室(場所は変わらず)
  
参加費:(旧)未定 →(新)500円
 開場時間:(旧)13時→(新)10時
 開始時間:(旧)13時30分→(新)ペーパーテスト開始:10時45分、本大会開始:12時
 終了時間:(旧)20時30分(予定)→(新)19時頃(予定)
 事前エントリー:(旧)3月20日から開始します。→(新)4月上旬予定
 参加定員:(旧)最大35人→ (新)48人(エントリー状況次第で増枠及びギャラリー席設定あり) 

 どうも、ひるQ主宰のHILLZです。
 先月第1報を告知して以来、いろいろな反響がありました「ひるQ(第1回昼下がりのクイズ研究所発表会in浦和)」ですが、本日正式に開催日時・場所が決定しました!

 では、発表します!ドラムロールC'mon!!(ドロロロロロロロロロロロロロ… )

 開催日は!…5月20日(土)!!
 場所は!…武蔵浦和コミュニティセンター!!
    時間は!…13時~20時半(予定)!!
      10時45分~19時(予定)!!
 以上のように決定いたしました。
 いやあ…ようやくこれが発表できてよかったです。
 実は今朝、施設の予約抽選の発表があったんですが!予想通りまさかの全滅!!
 浦和じゃないところとか、日時を6月に延期するか、あるいはいっそ4月にぶっこもうかと思ってたんですが、なんとか一般予約受付のタイミングで希望に近い日時が空いていたので、予約をとることができました。
 
 ただし、当初予定していた企画は少し変更を行うことになります。
 具体的には、午前中にペーパーテストを行おうと思ったり、準決勝をやろうと思っていたのですが、時間の都合で中止しました。
 そのかわり、全員が参加できるいろんなタイプの企画を増やしたいと思っていますので、是非楽しみにしててください。

  そして注目の事前エントリー開始日時ですが、3月20日の0時(3月19日24時)スタートを予定しています。エントリー枠は現時点では35人を予定していますが、早めにエントリーすればきっといいことがあると思うので、是非このことを多くの方々に宣伝・拡散いただければと思います。 

 それでは、5/20、武蔵浦和でお会いしましょう!!
 (次回は当日行うクイズ企画についていくつか発表したいと思います。 )

 はじめまして…の方ははじめまして!
 そうでない方は、おはようございます(24時間共通言語)。
 「昼下がりのクイズ研究所」を主宰するMr.HILLZ(ヒルズ)と申します。
 (なお、この「昼下がりのクイズ研究所」は便宜上名乗っている大会名であって、サークル等の団体ではありません。悪しからず。) 
 
 この大会はオフラインクイズをはじめてまだ1年に満たないけど、人生のテレビ視聴時間の半分以上をクイズ番組鑑賞に費やしてきた小生が、皆さんのお力をお借りしていろんなクイズをやってみようという軽い気持ちで企画した、いわゆるクイズの「SHOW CASE(ショーケース)」的な大会です。
 この度、第1回を僕が今住んでいる地元・浦和にて開催させていただくことになりました。
 
 おかげさまでこの1年、いろいろなクイズ大会やクイズサークルに参加させていただく機会がありまして、そこでいろんなクイズを経験させていただいたり、新しいつながりなんかもできたりしました。
 今大会は、僕のこの1年間「やってきた」、ひいては20数年間ただの一クイズファンとして「見てきた」成果の発表であり、皆さんへの感謝の気持ちをお伝えする機会だと思っています。(ただし、その形は多少歪んでしまっている可能性がありますが…(苦笑)。)
 
 また今大会では特に年齢制限や経験・未経験などのレギュレーションは設けていません。しかしそうするとどうしても経験者や何度も優勝されている方が有利になってしまうんじゃないかと危惧してなかなか経験の浅い方はエントリーを敬遠しがちになり、逆に初心者よりになってしまうと、今度は経験者側がつまらないなあ…と言って参加をやめてしまうという「クイズ大会あるある」が発生します。
 なので、今大会ではそのようなことを未然に防ぐべく、クイズをやったことない方から熟練されてる方まで楽しんでもらえるようなルール・企画を準備しております。
 まあ、強いてレギュレーションっぽいものがあるとすれば、基本的に「自分がやってみたいなあと思いつきで用意したクイズ」を出す実験的な大会なので、さまざまな失敗や不具合が発生する可能性が大いにある…というか、確実に起こるので(爆)、そういうトラブルが起きても、「しょうがねぇなあ…」と丸1日笑ってやり過ごしていただける方にお越しいただければ…と思います。

 詳細については今後、当ブログ、及びTwitterアカウント(@hillqken)にて随時発表しますので、ぜひとも友人知人とお誘い合わせの上参加いただければ幸いです。
 それでは、大会までの短い期間ですがよろしくお願いいたします。

 2017年某日 Mr.Hillz

↑このページのトップヘ